歩くと腰や膝が痛くなる

重心の崩れた歩き方

せっかく健康の為に歩いてるのになぜか歩いてる途中や、歩き終わった後に腰や膝がいたくなってしまう、こんな経験はございますか。

歩く事は確かに身体には良い事です、筋肉の低下を防ぐためにも必要な事なのですが、綺麗に歩けているかどうかという問題があります。

・腰が反ってないか

・前に上半身が突っ込んでいないか

・右に左に重心がぶれていないか

・足を引きずっていないか

こういった部分が綺麗にできていないと身体の為に良い事のはずなのに逆に身体を痛めてしまう事もあるのです。

早く歩く必要はありません、上記に気を付け丁寧に歩けるように心がけましょう。

腰が反って歩くと腹筋が使われず腰に負担がかかり腰痛になってしまいます、前に突っ込んだ歩き方は膝の負担を大きくしますし外内反母趾になりやすくなります。

右左に重心がぶれるという事は体幹が使われず股関節に負担がかかりますし、足を引きずるように歩くと太腿の筋肉が使われてないという事になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA