身体の柔軟性

水分を意識する。
身体の筋肉、腱、靭帯等の様々細胞は水分が少なくなると硬くなってしまいます。

身体が柔らかい人はそれぞれの細胞に水分を多く含み、硬い人は水分の含有量が減ってしまっているのです。

例えるなら瑞々しいお肉と、干されたジャーキーのような・・・極端な例えですが。

では水を沢山飲めば良いのかというとそうではありません、飲むのもある程度は大事なのですが動かすことが大事です。

筋肉、腱、靭帯等は動かして水分をより含むようになりますスポンジのようなイメージですね、動かすとで古い水が出され新鮮な水をより吸収し瑞々しさが保たれます。

ストレッチ等のイメージは「スポンジを絞って古い水を出し、新しい水を吸収させるように」です、1回で強くやるのではなく何回か軽くやった方がより綺麗な水に入れ替えられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA