ぎっくり腰

ぎっくり腰には2種類あります。

1つ目は腰に急な負荷がかかりグキィっと痛めてしまうもの。

2つ目は何もしてないのにジンジン痛みが増してくるもの。

1つ目のぎっくり腰は腰の筋肉が負荷に耐えきれなくなった時に起こる物、なので腰の筋肉が疲労し柔軟性や強度が足りなくなった時に起こりやすいものです。

2つ目のぎっくり腰は本来腰が硬くなっていても背中やお尻の筋肉がある程度の動きを助けてくれますが、それも出来なくなってしまった状態で少しだけ腰を動かした時になってしまうもの、寝返りでもなってしまうほどに腰、背中、お尻の柔軟性がなくなったときに起こります。

1つ目の方は背中やお尻にはまだ余裕がある場合もあり回復は早めですが「魔女の1撃」と言われるほど急激な痛みが起こります、2つ目は回復は遅めで何か腰がおかしいなと感じた時から徐々に痛みが増していきます。

痛み方は違いますが根本的な原因として背中、腰、お尻の筋肉が硬く弱ってしまっています。

しっかりと柔らかくすれば血流が良くなり修復され、痛みも引いていきます。

良くはなりますが、そうならないように身体をメンテナンスしておくのも大事な事だと思います。

なった時に注意する事

・前かがみになるなど腰に負荷がかかる動作を避ける

・弱ったままの筋肉で無理なストレッチをしない(余計痛める場合があります)負荷の少ない体操なら良い効果を得られます。

・何日も安静にしない(血流が悪いと回復にすごく時間がかかる場合があります)

身体(月)の要 弱らせず、毎日元気に動けますように。

さらに梅雨は1年で一番ぎっくり腰になる方が多い時期と言われております。

多湿の環境や気温の上下によって肉体的にも精神的にもストレスがかかることにより、疲れやすく体の柔軟性が低下してしまうからだと思います。

ぎっくり腰にならない為には身体の柔軟性を落とさないことも大切ですが、痛みづらい動きをしてあげるのも大事です。

そこで一つ、椅子から立ち上がる時に腰を痛める事も多いので立ち上がり方をお教えしたいと思います。

まず勢いをつけて立ち上がらない事、体の軸が前後に大きく揺さぶられ痛める事が多いです!

そして、まっすぐ座っている状態から両足を横に開き、まっすぐに上に立ち上がる、または上半身は横を向き足を前後の状態にして立ち上がってあげると軸が前後左右ではなく中心を保ったまま立ち上がれるので腰への負担を減らす事が出来ます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください