股関節痛、骨盤の歪み

中臀筋

股関節の痛みは画像をクリック

大腿直筋

骨盤が歪む?

骨盤のゆがみは、腰の反ったような立ち方で起きやすくなります。
そうです出産の時に歪むだけではなく姿勢によっては常に歪む方向にいきがちになってしまっている方もおります、実は産後の歪みも出産時よりも妊娠中にお腹が大きくなっていく時に歪みは強くなっていきます。
出産時に緩んだ分の靭帯や骨盤は自然と元に戻っていきますが、妊娠中の時間をかけてクセのように歪んでいった分はなかなか戻りません。

骨盤がゆがむと、腹筋が使われなくなってしまい血流が滞り、代謝が落ちて太りやすくなったりさらに腰痛にもなりやすくなります。

臀部や周囲の筋肉が硬くなり動きが悪くなって坐骨神経(人の指くらいの太さ)への血流を阻害し、痛みやしびれを起こしたり、動きが悪くなり身体を安定できず何か動作を行う時に左右にぶれてしまい股関節にも負担がかかり痛みが起きるようになりやすくなります。

開いた骨盤を締めるエクササイズや施術など色々雑誌なども出ていますが、骨盤周りの筋肉を柔らかくし、骨盤の傾きに気をつけた姿勢をとれるようにして、しっかりと腹筋を使えるようにする事が大事です。

骨盤が前傾し腰が反ってしまっているからと逆に腰を丸めば良いのかというとそうではなくお尻の筋肉がガチガチになってしまいます。

前後どちらにも骨盤が動ける状態である事が理想的な骨盤の位置となります。

 

 

歪みが強いと見た目も出産前と大分変わって見えます。

下半身が痩せにくくなる、姿勢が安定しなくなった、足の冷えやむくみが強くなった等です。

当院では・・・臀部や腰回りが動きやすくなるように施術を致します。

施術後もしばらく骨盤は歪みやすい状態ですので、立ち方や歩き方で歪みを強くしない為のアドバイスを致します。

自信を持てる身体作りをしたいですね。

 

 


股関節の痛みは

太腿や足の付け根筋肉の緊張、歩く時の左右のブレを抑えてくれる場所の疲労等で起きやすくなります。
フラフラ歩く人

ぶれながら歩く

長時間座りっぱなしの仕事では股関節をまたぐ筋肉が萎縮してしまったり、運動不足や歩き方立ち方で股関節を伸ばし過ぎるような負担をかけるクセがあるなど、急に痛くなるというよりも長期に渡って持続的に負荷がかかる事で起きやすくなる事が多いです。

 

ゴルフ等のスポーツをする方でも慢性的に負荷がかかりすぎていたり、フォームを変える過程や重心移動を過度にしすぎ筋肉を緊張させて痛めてしまう方も多いです。

病院で股関節の変形が原因と言われた方も手術等、特別な治療をしない場合臀部や腰回りの動きを回復させる事で痛みを減らすことができます。

物理的に負荷の少ない立ち姿勢や歩き方もアドバイス致します。

妊娠中の方であれば歪みを少なくする立ち姿勢や出産後の抱っこの仕方などもアドバイス致します。

脚への血流が良くなりますので足の冷え、むくみにも良いです。