肩こり・寝違えの関係

肩の筋肉が固まり頭痛を起こす

肩から起こる頭痛

首の筋肉

寝違えはこちらの画像をクリック

頭を支える筋肉

頭を支える肩、首、背中の筋肉


肩こりの原因

噛みしめ、ストレ-トネック、頭の重心が前にずれることで重さを支える首肩の筋肉が硬くなり血流が低下そして疲労物質が流れず留まることで起きやすくなります。(頭の重さは約5kg!)
首の筋肉がこの重さを支え、その首を支えているのが、肩甲骨から上の肩の筋肉なのです。
頭の重さを長時間毎日支え続ける首や肩の筋肉、腕の筋肉ではとても真似できません。
5kgのお米の袋を腕で持ち上げてみると負担がどれだけ大きいかお分かりになると思います。
こうして首や肩周りの筋肉が長期間にわたり硬くなっていると血流が悪くなり、疲労物質がたまり、栄養や酸素が運ばれにくくなったり回復する力が衰えます
(肩回りは通常の生活では動かすことは少なく、多少弱ってきても気づきません。)

その状態が続くとどんどん肩回りの動きが悪くなり、筋肉も弱っていきますので身体をそのままにしておけないと判断した脳が違和感を発します。

首への負担

姿勢で、頭が背骨の中心よりも前に出てしまう「前かがみ姿勢」が慢性化すると、首や肩周囲の筋肉にさらに負担がかかってきます。

首の下部の骨が前傾してくるとストレートネックにもなっていきます。

肩甲骨を動かす筋肉の動きが悪くなると、肩関節の可動範囲が小さくなり、慢性的な肩こりへとつながります。コリがさらに強くなると、トリガ-ポイントができ目の奥疲労感顎関節頭頂部側頭部などを不調にします。

 

当院にいらしゃった方の症状、関係するもの

・肩こりで吐き気がする

・目眩がおさまらない

・五十肩と言われた、肩が上がらない

・歯ぎしりで朝顎もかたい

・腕が痺れたり、感覚が少しおかしい

・何十年も肩こり

・目が異常に疲れる

寝違えとは

寝違え

ぎっくり腰と起きた場所は違えど似たようなものと言ってよいかと思います。

寝ている時(無意識下)、人は起きている時(意識下)よりも強い力を発揮してしまうことがあります。

首に強い力が加わった時に首の柔軟性や強度が負けてしまうと首はぎっくりとしてしまいます、それが寝違えです。

これも二通りあり一つ目は急激に力が加わってなるもの、二つ目は何か変な感じだな~という状態から徐々に痛くなってくるものとあります。

二種類ありますがどちらも首や肩の疲労が関係してきます、その疲労には生活習慣(仕事、姿勢、人間関係、動きの不足)と様々な原因はあると思いますが変えやすい(姿勢、動きの不足)から変え柔軟性と強度をつけれるように(無理はせず)行えると良いと思います。

なった時気を付けた方が良い事

・首に負荷をかけない

・無理に伸ばさない(軽い体操等は良いと思いますが目眩等には注意です)

・1.2日経ったら安静にしない(回復が遅れると共に痛めやすい状態のままになってしまいます)

やると良い事

冷やして温めるを繰り返す(凍傷・火傷に注意)

当院もお力になれるはずです、お悩みでしたら一度ご相談ください。

寒さや冷えでも凝ります

当院では・・・弱り動かなくなってしまった部分はストレッチや体操をしても中々動きません。

頑張って支えている首肩回り、そして首の付け根の筋肉や関節が固まり動かなくなってますので施術で緩めて動きやすくします。しっかりと緩み動きに柔軟性が出来ると血液の流れがスムーズになり回復できるようになるので慢性的な辛さは解消できます。

生活での動き方等、リズムは人それぞれ違いますので、どのような動作、姿勢で重心が崩れるか見極めアドバイスも致します。

重心が整う事で疲れにくくもなります。