自律神経失調症、目眩

首の筋肉からの頭痛

過緊張からの頭痛

目の周りへ影響する筋肉

目眩、メニエールは画像をクリック

首の筋肉から腕への影響

首の過緊張からの腕の痺れや痛み

無意識に働いてくれる自律神経

自律神経の失調は、交感神経副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こります。体がだるい・疲れやすい・ひどくなると吐き気やめまいがし、様々な箇所にトリガ-ポイントができてしまいます。

体がだるい・すぐに疲れる・肩の力が抜けない・吐き気や目眩までするのに病院では「悪いところ」が見付からない。

そんな時は自律神経のバランスが崩れているのかもしれません。

自律神経とは、自分で意識して調整したり動かしたり出来ない機能を調節している神経です。

睡眠、食べ物の消化、体温の調節、血圧等様々なものの調節を自律神経が行なっています。

2種類の異なった働き

体を活動的にする交感神経と体を安静化する副交感神経の二つのバランスによって成り立っています。

この二つの神経バランスがうまくとれなくなると、体には様々な不調が起こるようになります。

例えば、頭痛、耳鳴り、口の乾き、めまい、立ちくらみ、のぼせ、その他、足の冷え、足の痛み、筋肉の痛みや関節の痛み、不眠症などが挙げられます。

自律神経のバランスが崩れる原因としては、過度のストレス・疲労・や不規則な生活リズム、環境の変化、ホルモンバランスの乱れなど、様々なものが関係してきます。

 自律神経失調と姿勢の問題

 

メニエール

メニエール病は内リンパ水腫「内耳のリンパ液の流れが悪くなって貯まりすぎ、膨らんでしまった状態」です。原因は様々あると思われますがストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・几帳面な性格な方がなりやすいと考えられています。

内耳は2つの大切な器官があり音を聞く為に必要なリンパ液の詰まっている蝸牛と、平衡機能を司る三半規管です。

この2つのどちらかまたは両方ともにリンパ液の流れが悪くなって貯まりすぎる事によって異なった症状がでます。

蝸牛の流れが悪くなると、目眩はあまり感じなく耳の聞こえが悪くなります。

三半規管の方ですと目眩を感じます。

目眩も回転するほど感じる激しいものから、フワフワした感じ」のものまで様々です。

目眩の持続時間は10分程度~数時間程度であることが多く、短時間の場合は別のものである可能性が高い事が多いです。

3種のめまいについて

1.回転性めまい

回転性めまいはその名のとおり自分または周囲がぐるぐる回って見えます、吐き気やおう吐する事もあります。

2.浮動性めまい

ふわふわした感じから姿勢を保つことが難しくなり顔や手が痺れる事があります。

3.立ちくらみのようなめまい

立ち上がった時に目の前が暗くなったりひどくなると気を失ったりします。立ち上がった時に血液が上昇についていけず脳貧血状態になって起きる事が考えられます。

めまいと言っても様々あり時には脳の病気なども隠れている場合がありますまずは病院で受診してみてください、原因がよくわからなかったりいつまでも良くならない場合は血流の悪さが原因のひとつとして考えられます。

血液をサラサラにする薬を飲んでいるだけでは良くならないことが多いです、筋肉や関節を柔らかく柔軟にする事がとても大事です、めまいによって体操などが難しい場合もあります、その時は当院を頼って頂ければと思います。

血流を良くする事によって解決する事が多々あります、出来る範囲でしかしとても辛い場合は忙しい事を言い訳にせずに「一生懸命ではなく」身体にとってほどほどに良い事を実践して頂ければと思います。

当院では・・・自律神経は調整できないと言われてますが自律神経は身体の状態と密接につながっているため、施術で筋肉をゆるめ関節の可動域を大きくする事で自律神経のバランスを良くすることができます。

自律神経のバランスを崩しているときは、「ストレス→筋肉の緊張→血流の低下→体の痛み→ストレス」という悪循環に陥ってしまいます。

この悪循環の輪を断つ為にもまず身体から変えていきましょう。

旬のものを食べるのもとても良い事です、質の良い食事、質の良い身体で健康な毎日を送りましょう。