症状別解説

症状別解説一覧

頭痛、首

肩こり・寝違え

顎関節の痛み

手首の痛み

手の痺れ

慢性疲労、猫背

坐骨神経痛

腰痛、ぎっくり腰、その他

骨盤の歪み、股関節の痛み

膝の痛み、変形性膝関節症

ふくらはぎが攣る、冷える

自律神経失調症、目眩メニエール

O脚、外反母趾

 

 

TFCC損傷・お困りの方へ

先日、当院にて松山にある「しまもと整体院」の島本先生がTFCC損傷、手首の小指側の痛みを主題とした施術を行いました。

島本先生本人も学生時代にソフトテニスを行っていた時に手首の痛みに長く悩まされ続け、克服する為に様々な事を行ってきた方です。

一般的にはTFCC損傷と診断されると病院では安静や固定を行い様子を見る、それでも良くならなければ手術という流れになるようです。

しかし手術をしてよくなる場合もあれば変わらない場合もあります、それは痛みの原因がTFCCの損傷だけではないからです。

腕には橈骨、尺骨という骨がありますが手首外側(小指側)に痛みが出ている場合は尺側手根伸筋(尺骨側の手首を伸展させる筋肉)に痛みの原因となるトリガーポイントが出来ている可能性が大いにあります。

20150617142652

 

 

 

 

 

 

 

 

当院にもTFCC損傷で来院された方がおりますが皆さんこの部分がとても硬くなっており触っても弾力がなくなっております。

しっかりと弾力を取り戻すことによって実業団レベルでテニスを続けるようになった方もおりますので、痛みが良くならない、手術をしようと考えているのであればその前にこの部分を柔軟にする事を行ってみてはいかがでしょうか、もちろん当院でも手助けさせて頂ければと思います。

尺骨のすぐ横にある筋肉で押しづらく伸ばしにくい筋肉ですが、こちら「しまもと整体院のブログ」にも書かれていますのでご参考にしてください。

手首の痛み・腱鞘炎

前腕

前腕から手首へ

首の筋肉

首から腕へ


手首の痛み

その痛む場所によって原因が異なりますが、基本的に同じ動作を繰り返すことにより、神経、関節、軟骨、靭帯の同じ部分に負担がかかり硬くなり血流が悪くなって痛みが生じるのが始まりとなります。
軽い物を持つだけで手首が痛んだり、マウスを掴んだり、ドアノブを回すだけで痛みが生じる事もあります。

腱鞘の炎症

「使い過ぎによる腱と腱鞘の間の機械的な摩擦による炎症」、すなわち腱鞘炎は、家事をする主婦やPCなどの手作業が多い人に起こったり、出産後や更年期などのホルモンのバランスが崩れた時に起こることが多いと言われています。
炎症を起こしている腱自体は安静にするのが一番です。
また、腱鞘ではなくトリガーポイント関連痛が原因になっていることがあります。その場合、休ませてるだけでは良くなりませんすぐに同じ痛みが戻ってきてしまいます。

 

TFCC損傷

ここ数年で受診率が 増え、手首痛の大きな原因として知られてきています、TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)について解説いたします。

腕(前腕)には橈骨と尺骨と言う細長い骨があります。この尺骨の手関節部分の突起の周囲には手首の衝撃を和らげる役目をするTFCC(三角繊維軟骨複合体)と呼ばれるハンモック状の組織があります。このTFCCが損傷を受け、手首に痛みが出る疾患です。

特に手関節を内側や外側へ捻ると痛みが出ます。

固定する治療法もありますがそれでも良くならない方も多々おり、手術をされる方もいますがそれでも痛みが変わらない場合もあります。

ですが実は腕のある筋肉が硬くなることにより、痛みを出したり回復を遅らせたりする原因になっている事が非常に多いです。

痛みが引いたのに使ったらまたすぐに痛めたりしてしまうのはそれが原因だからです。

TFCC損傷によって固定をし→筋力と柔軟性、血流が悪くなる事で回復ができなくなり→動かすとすぐに痛みがぶり返す。

良くならないのであれば手術をするよりまず当院の施術を受けて頂ければと思います、5.6年良くならなかったのに良くなってしまった・・・という方は沢山いらします。

 

当院では・・・手首の痛みに関する動きの悪い筋肉を見つけ痛みの出る動き、出ない動きをみながら筋肉を緩め柔軟性を取り戻していきます。
自宅でのケア方法もお教えいたしますので是非行ってください!

 

 

膝の痛みでお悩みの方へ

当院には膝の痛みで歩けないのでタクシーでいらっしゃったり、杖をついて来院なさる方、自転車に身体を預けていらっしゃる方がおりました。

膝周囲の問題の大半はここからスタートするのです。

膝周りの筋肉

膝の変形はコチラの画像をクリック

 

 

 

 

 

 

膝周りの筋肉

膝に関係するトリガーポイント

白い×の所がトリガーポイントと言われる箇所のおおよその位置で硬くなっていると関節をまたいでいる筋肉が骨同士を圧迫してしまい可動域を狭くしたり動きに無理が出てくるので痛みが出ます。

その状態が長く続くと関節がすり減るという事が起きるようになります。

どの箇所でもそうですが無理な力が加わっているまま使っていると痛むのは当然ですし、そのまま回復させようとするのも無理があります。

ですのでしっかり回復できるように、その部分の柔軟性を取り戻すことを行います。

膝の軟骨がすり減っている、よく聞きますそして、加齢のせいだからと言われた・・・・ですが本当にそれだけなのでしょうか。プロスポーツのアスリートで痛めている方もいれば、特別何かをしたわけでもない年齢の若い方もいます。

手術をすれば痛みは無くなるのかというと一時的には痛みが無くなった方もいますが、動きの制限ができてしまい結果的にまた痛み出してしまったという方もいらっしゃいました。

もうあきらめている方や手術はちょっと・・・という方はまずは当院にいらしてください。

自分の経験上のお話になってしまいますが原因の9割のはじまりは硬く疲労してしまった太腿が原因と思われます。

 

オスグッド

成長痛と言われたことがある方も、骨の成長に硬い筋肉が抵抗してしまって痛みがでます、運動をしていない、または運動を過度に行っていると起きやすいです。

私自身自転車で膝を痛めた事が何度もありその時はどうしたらわからなかったのですが、現在の自分であればああすれば良かったこうしたのにという事は多々あります。

アスリートの方も痛みと向き合った結果職業病だからとあきらめるまえに是非ご相談ください。

その際歩き方や立ち方、無理な使い方がありましたら出来る範囲で矯正させて頂きたいと思います。

 

このような方がいらっしゃいましたご参考までに

 

・膝が痛くて階段を下りるのが怖い

今は気にせず下っているそうです、体が全体的に硬く股関節や太腿の筋肉も年季の入った硬さでした。

 

・走ろうとすると痛みが出る

走ったり運動はするけども使いっぱなしになっていたそうです、疲労の蓄積が硬さをよび痛みにしてしまっていました。

 

・長距離を自転車(ロード)に乗っていたら痛みが引かなくなった

ペダリング時の膝の向きに無理がありました、捻じれるように硬くなった箇所を柔らかくしシューズのクリートの向きを少し変えて頂きました。

 

・杖がないと歩けない

杖を忘れて帰り、取りに戻ってくるくらいに普通に歩いていれるそうです。

 

・膝の痛みは軟骨がすり減っているせいと言われた

「すり減っている」そうなのかもしれませんが、骨同士を強く擦り合わせている関節をまたぐ筋肉を柔らかくし歩き方を変えた所痛みの出ない時もあるような状態だそうです、筋力をつけれればなお良くなるはずです。

 

・体操競技をやめてしばらくしたら痛みが出始めた

競技に特化した身体作りは動きやすくなる代わりに一般では考えられないほど負担をかけてしまっている事があります。

無理に柔らかくした靭帯や筋肉は急にやらなくなってしまうとものすごい力で固まる事が多々あり、やめるにはやめるための身体作りが実は必要です。

 

・バスケをしていたら痛くなった

前後左右の素早い動きは膝周りの筋肉に大きく負担をかけます、使用に対しケアが足りなくなると負担を吸収できなくなり痛みがでます。

競技者であれば吸収できる程度の膝周りの状態をキープし続けることが大事です。

 

他には動き、痛みもよくなったけれども違和感の取れない方もいましたが、レントゲンで骨の欠片が膝の関節にある事がわかり骨片を除去したら大丈夫になったそうです。

膝の変形性関節症

膝に痛みを覚え、整形外科を受診すると膝が変形してます、軟骨がすり減っています・・・と診断される事が多々あると思います。

それは痛めたからそうなったのではなく、そうなったから痛くなったという事になります。(痛みの原因はそれだけではない事が多々あります)

ではなぜそういう状態になったのかというと、加齢と言われる事が多いと思います、ですが90歳以上の方でも痛くない人もいるのです。

問題は日々の生活習慣、歩き方や身体の使い方が膝を痛める形に知らず知らずなっていてそれが時間をかけて表に出てきたものであると私は考えています。

若くとも膝の痛い方はたくさんいますし、見た目で膝を痛くする歩き方になっている方もいます。

歩き方ひとつで膝や股関節が変形したり痛くなりやすくなります。

事故や生まれつきでなければ大半は長年かけて症状が表面に表れてきますが、症状が出てからなんとかするのはかなり大変です。

時間はかかっても歩き方や動作も変えていく事が大事になります。

 

歩き方・ウォーキングのこつ

しっかり歩ける足でありたい

まずは膝のお皿をスム-ズに動かす為に大腿四頭筋や周囲の筋肉(トリガ-ポイント)を柔らかくし、無理のない範囲で動かして膝周りに柔軟性をつけるような施術を行います。

それにより膝の関節が変形している方でも痛まなくなった方もいます、さらに歩き方をしっかりとお教えいたします。

「歩く」という事は非常に大事な事ですね。

 

顎関節症

顎関節症と言われたり顎関節の痛みの大半は顎に関連する筋肉の痛みです。

20160311154151

顎の周囲には沢山の筋肉がありますが片方にばかり負荷が掛かっていると左右で動きの差が出来てきます、それが続くと顎の開き方が均等でなくなりコキコキ音がするようになります。

またある程度硬くなった状態で口をいつもより大きく開けたりアクビをしてしまった時に痛める事もあります。

原因は姿勢?

頭が前に出る等バランスが悪い事で頭を支える為に噛みしめ癖が出来てしまっていたり、必要のない所でも顎に力が入ってしまうようになっている事が多いです。

私は氷点下の中、競技自転車で1時間くらい走りに行って帰ってきたらもう顎が開かなくなっていたことがあります、冷えた上にガチガチ噛みしめていたことが原因です。

温めてから顎の筋肉を柔らかくしたら戻りましたが、たった1時間でもこうなることがあるんです。

注意する事としては

・顎が冷えている時に無理をしない。

・顎の筋肉を普段から良く使ってあげる

・首が前にいくような姿勢に注意

お悩みでしたら当院もお力になれると思います、ご相談ください。

顎の健康、歯の健康

坐骨神経痛

臀筋と坐骨神経痛の関係

臀部からの坐骨神経痛

 

坐骨神経とは

お尻には坐骨という骨があり(座った時に地面に接する骨)そのすぐ脇を坐骨神経が通っています。

人の指ほど太い坐骨神経ですが腰の骨が歪んで歪んだ骨が坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛が起きる・・・・・と言われたりする方がおりますが、大半の坐骨神経痛に骨の圧迫は関係ありません。

坐骨神経痛が起きている方のほとんどが神経痛が起きる前に腰痛やお尻が痛くなったり硬くなっている経験があるのではないかと思います。

腰やお尻の筋肉が硬くなるとそこで血流が悪くなり満足に栄養や酸素が得られなくなった神経は痛みや痺れを出すようになります(硬くなったお尻の筋肉が坐骨神経を圧迫する事は考えられます)、脚に力が入らなくなる事も多々あります。

ぎっくり腰からこのような状態になる事もあります。

神経は傷ついてしまうと修復に時間がかかります、それを避けたいからSOSとして脳に教えてくれているのです。

なので神経への血行がある程度良くなると痛みは引いていきます。

根本的には腰やお尻に柔軟性やある程度の強度があれば普通に生活している分には坐骨神経痛は起きにくくなります、坐骨神経痛が長く続くとその分だけ神経は少しずつ傷んでしまうので早めに対処してください。

当院でも手助けできればと思います。

デスクワーク

torigger3thumbReferredPain
(頭痛や吐き気までする)


(頭の重さは約5kgもあります!!)

デスクワ-クでは頭の重心が前にずれることで首肩の血流が悪くなり疲労物質が流れず留まることで起きやすくなります。

 

デスクワ-クで問題になるのは首や肩の筋肉がこの5kgの重さを支える事で硬くなり、心臓から送られる血液(酸素や栄養)が頭に行けなくなって酸欠状態や栄養が不足で細胞自体が弱くなってしまう事にあります。

 

こうして血流の悪くなった首や肩周りの筋肉の状態が続くと肩より上に酸素や栄養が行きづらくなり、目がつかれやすくなったり身体をそのままにしておけないと判断した脳が目眩や吐き気、頭痛を発します。

 

 

どうすればいいのか?

血流がよくなるように首や肩の筋肉を柔らかくし柔軟性を高めます。

背中の上部辺りもかなり硬くなっていると思われますので緩めます、それだけでもかなり楽になります。

 

そして生活習慣としては、長時間デスクワ-クをし続けない、30分置きに立って体操をする・・・。

確かにその通りなのですが集中したり忙しい時にはなかなかできる事ではありません、ですのでまずは肩や首だけで5kgの重さを支えないようにしましょう。

座り姿勢を変えます、ちょっとした骨盤の使い方でそれは可能ですし当院では小道具を使ってより楽に座れるようにします。

あとは運動や施術で疲労を溜めこまないようにしてあげる事です。

それで以前よりずっと仕事がはかどるようになるでしょう、ご自身の自由に使える時間も取れるようになるのではないでしょうか。

介護や子育ての疲れ

torigger3thumbReferredPaintorigger2torigger44-6img024
介護や子育てはすごく大変な事

大変なのですが周りにはそういう風には言えない事が多くありませんでしょうか。自分の時間はなかなか取れず、身体の疲れや心のストレスが体に蓄積され、心や体に影響をだしてきます。神経が張りつめ緊張していきます、さらに長く続く疲労感、体のだるさ・重み、頭痛や目のかすみなどといった症状もでやすくなります。日々のちょっとした休憩や睡眠で回復できればよいのですが、身体の深部まで疲労が蓄積され慢性疲労となってくると、身体も精神も休養だけでは回復できなくなってきてしまいます大変な事は長く続けるにはどうしてもストレスや疲労を溜めざるをえません。周りの方の協力も必要ですが、あなたは人に頼る事ができていますでしょうか。

身体の芯から疲れが溜まってしまっていますので、トリガ-ポイントセラピ-で深部の筋肉をゆるめます。

そうする事によって血流が改善され回復能力が高まるようにします。

身体と心は密接な関係にありますので、疲れをとり血流を改善することで感情や神経に良い影響を与えてくれます。

あなたが自分の身体を大切にしていけるように、サポ-ト致します。

 

 

股関節痛、骨盤の歪み

中臀筋

股関節の痛みは画像をクリック

大腿直筋

骨盤が歪む?

骨盤のゆがみは、腰の反ったような立ち方で起きやすくなります。
そうです出産の時に歪むだけではなく姿勢によっては常に歪む方向にいきがちになってしまっている方もおります、実は産後の歪みも出産時よりも妊娠中にお腹が大きくなっていく時に歪みは強くなっていきます。
出産時に緩んだ分の靭帯や骨盤は自然と元に戻っていきますが、妊娠中の時間をかけてクセのように歪んでいった分はなかなか戻りません。

骨盤がゆがむと、腹筋が使われなくなってしまい血流が滞り、代謝が落ちて太りやすくなったりさらに腰痛にもなりやすくなります。

臀部や周囲の筋肉が硬くなり動きが悪くなって坐骨神経(人の指くらいの太さ)への血流を阻害し、痛みやしびれを起こしたり、動きが悪くなり身体を安定できず何か動作を行う時に左右にぶれてしまい股関節にも負担がかかり痛みが起きるようになりやすくなります。

開いた骨盤を締めるエクササイズや施術など色々雑誌なども出ていますが、骨盤周りの筋肉を柔らかくし、骨盤の傾きに気をつけた姿勢をとれるようにして、しっかりと腹筋を使えるようにする事が大事です。

骨盤が前傾し腰が反ってしまっているからと逆に腰を丸めば良いのかというとそうではなくお尻の筋肉がガチガチになってしまいます。

前後どちらにも骨盤が動ける状態である事が理想的な骨盤の位置となります。

 

 

歪みが強いと見た目も出産前と大分変わって見えます。

下半身が痩せにくくなる、姿勢が安定しなくなった、足の冷えやむくみが強くなった等です。

当院では・・・臀部や腰回りが動きやすくなるように施術を致します。

施術後もしばらく骨盤は歪みやすい状態ですので、立ち方や歩き方で歪みを強くしない為のアドバイスを致します。

自信を持てる身体作りをしたいですね。

 

 


股関節の痛みは

太腿や足の付け根筋肉の緊張、歩く時の左右のブレを抑えてくれる場所の疲労等で起きやすくなります。
フラフラ歩く人

ぶれながら歩く

長時間座りっぱなしの仕事では股関節をまたぐ筋肉が萎縮してしまったり、運動不足や歩き方立ち方で股関節を伸ばし過ぎるような負担をかけるクセがあるなど、急に痛くなるというよりも長期に渡って持続的に負荷がかかる事で起きやすくなる事が多いです。

 

ゴルフ等のスポーツをする方でも慢性的に負荷がかかりすぎていたり、フォームを変える過程や重心移動を過度にしすぎ筋肉を緊張させて痛めてしまう方も多いです。

病院で股関節の変形が原因と言われた方も手術等、特別な治療をしない場合臀部や腰回りの動きを回復させる事で痛みを減らすことができます。

物理的に負荷の少ない立ち姿勢や歩き方もアドバイス致します。

妊娠中の方であれば歪みを少なくする立ち姿勢や出産後の抱っこの仕方などもアドバイス致します。

脚への血流が良くなりますので足の冷え、むくみにも良いです。

頭痛と首の筋肉の関係

首の筋肉と頭への影響

首から頭へ疼痛

肩付近からの痛み

肩付近からの頭痛

頭痛持ちの日本人は4人に1人

とも言われています。慢性頭痛は一般的に大きく2つに分けられます。一つは姿勢の負担や精神的ストレスなどによって筋肉が緊張して痛みを発する「緊張型頭痛」。

女性に多いのが特徴といわれる頭痛。

二つ目は血管が拡張して周りの神経を引っ張ることによってズキンズキンという痛みが発生する「片頭痛」。

血管が拡張する原因は十分に分かってないと言われていますが、気圧が低くなる事による血管の膨張や血液の流れが一定方向に流れづらくなり渋滞してしまっての血管の拡張による事が多いと思います。

この二つの頭痛は発生メカニズムが違いますが血液の流れが大いに関係しています。

筋肉からの頭痛(緊張性頭痛)とは

頭痛の70%以上を占めるといわれるこの手の頭痛は、肩や首、頭の筋肉が硬くなり血行が悪くなることによって起こります。

一般的に「頭が締め付けられるような・・・」痛さを伴うのことが多く、身体的なストレスだけではなく、精神的にストレスが溜まっても起こります。

姿勢の悪さやストレスによる交感神経の高まりなどから首肩が固くなり、頭へ行く血管を圧迫する事で

酸欠状態に陥入り「目が疲れ」頭から危険信号が発せられるのが「緊張性頭痛」なのです。

頭の血管が拡張することによって炎症を起こし痛みを発するのが血管性の頭痛です。

他にも「片頭痛」と「群発性頭痛」があります。

「片頭痛」は女性に多いと言われ、「群発性頭痛」は男性に多いのが特徴です。

「片頭痛」は起こる前に決まった前兆があるため、自分の痛みのパターンを知る事によって頭痛になる前に対処事ができる頭痛ですが根本的には関係ないと思われるかもしれませんが全体的な筋肉や関節の柔軟性、生活習慣の改善によって起こさないようにする事が理想だと思います。

 

 

当院では・・・どちらの頭痛でも血液の流れが良い状態であれば起こりにくくなります。

首や肩はもちろんのこと、肩甲骨や背中の上部の筋肉を緩めて動きを良くする事で目や頭にスム-ズに栄養が運ばれるようになります。

日常できる体操もお教えしますので、日ごろから悩まされないようにしていきましょう。