首、手首や足首の冷え

徐々に気温が低くなってまいりました、自転車に乗っている時はとても寒くなりますので夏の方が得意な白倉です。

「冷え」に気をつけなければいけない所は冷えから身を守ってくれる脂肪や筋肉が薄い所、そうです首・手首・足首等です。

心臓から出発していく温かい血液ですが冷えている所はやはり通りづらく首が硬い時は頭に流れづらく、手首足首もその末端まで届きづらくなってしまいます。

その結果、酸欠や頭痛、手や足を痛めやすくなってしまいます。

お洒落は我慢!という言葉も耳にしますが、冷やしたならばちゃんとお家に帰った後に温めてあげたいですね、冷やさない方が本当は良いと思いますが;

とはいえまったく冷やさないよりは短時間冷やす方が季節に対する身体の調節機能が働けるようになりますので、適度・適度が大事だと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA