なぜ何度もぎっくり腰になるのか

4-6img024torigger4
日本人の8割が一生に一度は経験するといわれる腰痛、 腰痛にも様々な原因や症状があります。
最も多いのが筋肉の緊張や疲労によるもので、これには普段の立ち姿勢や仕事中の姿勢や動きなどの生活習慣が深く関わってきます。
なぜ何度もぎっくり腰になってしまうのか?実は腰の筋肉が硬くなっているだけでは腰痛は感じますがそうそうぎっくり腰にはなりません、しかし腰を挟む背中とお尻の筋肉が硬くなっているとちょっとした動作でなります。
腰に負荷がかかった時には腰だけに負担がかからないよう挟んでいる筋肉に負担を受け流すのですが、受け流すことができなくなり腰の筋肉にまともに負担がかかり痛めてしまうのです。

あまりに腰の負担の逃げ場がなくなっているしまっている時は、例えば寝返り、身体を少し傾ける・・・この程度の動作でもぎっくり腰になります。

負担のかかる姿勢、生活習慣は腰だけでなく周りの筋肉を硬くして背骨を歪ませ、トリガ-ポイントを作りぎっくり腰になりやすい形にします。

ぎっくり腰には

ジンジンと痛みが増していくものと、ギクッと強烈に痛むものがあります、ジンジンと痛みが増していく方が回復するのに時間がかかる事が多いです。

 

どうすればいいのか・・・まず回復させるためには腰にしっかりと血液が流れ込めるように身体を柔らかくしていきます(特に硬くなった背中や臀部)血流が良くなり身体に柔軟性ができると数日で痛みは感じなくなります。

ですが、繰り返しぎっくり腰にならないようにする為には姿勢や動作も改善しなければなりません。

ぎっくり腰は生活習慣、姿勢や立ち方のクセが長く積み重なっての結果です。

とりあえず楽になればいい・・ではその後も繰り返していく事になります。

腰は非常に重要な部位ですので(要という字が使われるくらい)元気な状態にしておきましょう。

 

 

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko