坐骨神経痛

お尻には坐骨という骨があり(座った時に地面に接する骨)そのすぐ脇を坐骨神経が通っています。

腰の骨が歪んで歪んだ骨が坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛が起きる・・・・・と言われたり言われる方がおりますが、大半の坐骨神経痛に骨の圧迫は関係ありません。

坐骨神経痛が起きている方のほとんどが神経痛が起きる前に腰痛やお尻が硬くなっている経験があるのではないかと思います、腰やお尻の筋肉が硬くなるとそこで血流が悪くなり満足に栄養や酸素が得られなくなった神経は痛みや痺れを出すようになります、脚に力が入らなくなる事も多々あります。

神経は傷ついてしまうと修復に時間がかかります、それを避けたいからSOSとして脳に教えてくれているのです。

なので神経への血行がある程度良くなると痛みは引いていきます。

根本的には腰やお尻に柔軟性やある程度の強度があれば普通に生活している分には坐骨神経痛は起きにくくなります、坐骨神経痛が長く続くとその分だけ神経は少しずつ傷んでしまうので早めに対処してください。

当院でも手助けできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA