産後の骨盤の歪み

torigger4image81
骨盤のゆがみは、腰の反ったような立ち方で起きやすくなります。
そうです、実は出産よりも妊娠中にお腹が大きくなっていく時に歪みは強くなっていきます。
出産時に緩んだ分の靭帯や骨盤は自然と元に戻っていきますが、妊娠中の時間をかけて歪んでいった分はなかなか戻りません。
骨盤がゆがむと、臀部や周囲の筋肉が硬くなり動きが悪くなって坐骨神経(人の指くらいの太さ)への血流を阻害し、痛みやしびれを起こしたり、動きが悪くなり身体を安定できず股関節にも負担がかかり痛みが起きるようになります。

 

 

歪みが強いと見た目も出産前と大分変わって見えます。

下半身が痩せにくくなる、姿勢が安定しなくなった、足の冷えやむくみが強くなった等です。

当院では・・・臀部や腰回りが動きやすくなるように施術を致します。

施術後もしばらく骨盤は歪みやすい状態ですので、立ち方や歩き方で歪みを強くしない為のアドバイスを致します。

自信を持てる身体作りをしたいですね。

 

 

 

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko