慢性疲労

image41thumbReferredPain4-6img024
長く続く疲労感体のだるさ・重み、頭痛や目のかすみなどといった症状、溜まった疲れに悩まされていませんか?毎日、仕事や家事・育児等で、同じ姿勢や、同じ動作を続けていると、筋肉の同じ箇所に負担がかかり、疲労して硬くなってきます。睡眠不足や夏バテ、運動不足、強い冷暖房、人間関係の問題、といった身体の疲れや心のストレスも同じく体に蓄積され、心や体に影響をだしてきます。日々のちょっとした休憩や睡眠で回復できればよいのですが、身体の深部の筋肉まで疲労が蓄積され慢性疲労となってくると、休養だけでは回復できなくなってきてしまいますこういった原因不明の疲労が長期間感じられると、慢性疲労症候群として医師に診断されることもあります。仕事や生活を長く続けるにはどうしても疲労を溜めざるをえません。対処方法としては疲労を溜めすぎずに、こまめに体操や休憩をとり、身体と精神をリラックスさせることです。

 

 

当院では・・・筋肉や関節が硬く血行不良になり、老廃物を流したり栄養や酸素を運んで細胞を修復する能力が弱まっていますので、トリガ-ポイントセラピ-で深部の筋肉をゆるめ、筋肉や関節を動かしやすくする事によって血流が改善され回復能力が高まるようにします。良い循環が続くと慢性疲労を回復させる事が出来ます。

それは質の高い睡眠にも関わってきます、起きて一日がんばれる身体に変えましょう。

安静にいていても良くならない症状には

 

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko