首肩のコリ・痛み

torigger3image41thumbReferredPain
噛みしめストレ-トネック頭の重心が前にずれることで首肩の血流が悪くなり疲労物質が流れず留まることで起きやすくなります。(頭の重さは約5kg!!)首の筋肉がこの重さを支え、その首を支えているのが、肩甲骨から上の肩の筋肉なのです。
5kgもの重さを長時間毎日支え続ける首や肩の筋肉、腕の筋肉ではとても真似できません。
5kgのお米の袋を腕で持ち上げてみると負担がどれだけ大きいかお分かりになると思います。
こうして首や肩周りの筋肉が長期間にわたり硬くなっていると血流の悪くなり、疲労物質がたまり栄養や酸素が運ばれにくくなったり、回復する力が衰えます
(肩回りは通常の生活では動かすことは少なく、多少弱ってきても気づきません。)

その状態が続くとどんどん肩回りの動きが悪くなり、筋肉も弱っていきますので身体をそのままにしておけないと判断した脳が痛みを発します。

さらに姿勢で、頭が背骨の中心よりも前に出てしまう「前かがみ姿勢」が慢性化すると、首や肩周囲の筋肉にさらに負担がかかってきます。

肩甲骨を動かす筋肉の動きが悪くなると、肩関節の可動範囲が小さくなり、慢性的な肩こりへとつながります。コリがさらに強くなると、トリガ-ポイントができ目の奥の痛み疲労感顎関節頭頂部側頭部などに、痛みを飛ばしてしまいます。

 

当院にいらしゃった方の症状、関係するもの

・肩こりで吐き気がする

・目眩が治まらない

・五十肩と言われた、肩が上がらない

・歯ぎしりで朝顎も痛くなる

・腕が痺れたり、感覚が少しおかしい

・何十年も肩こり

・目が異常に疲れる

 

当院では・・・弱り動かなくなってしまった部分はストレッチや体操をしても中々動きません。

頑張って支えている首肩回り、そして首の付け根の筋肉や関節が固まり動かなくなってますので施術で緩めて動きやすくします。しっかりと緩み動きに柔軟性が出来ると血液の流れが良くなり回復できるようになるので慢性的な辛さは解消できます。

生活での動き方等、リズムは人それぞれ違いますので、どのような動作、姿勢で重心が崩れるか見極め改善できるようアドバイスも致します。

重心が整う事で疲れにくくもなります。

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko