腰痛・ヘルニア・腰が重い

4-6img024torigger4
日本人の8割が一生に一度は経験するといわれる腰痛、 腰痛にも様々な原因や症状があります。
最も多いのが筋肉の緊張や疲労によるもので、これには普段の立ち姿勢や仕事中の姿勢や動きなどの生活習慣が深く関わってきます。
腰の反りが強すぎる姿勢、デスクワークや車の運転などで長時間座りっぱなしになる仕事、前かがみでいる時間が長い仕事等。
こうした姿勢や生活習慣は腰の筋肉を硬くして背骨を歪ませ、トリガ-ポイントを作り慢性的に痛みやこり、重さを感じるようになります。

椎間板ヘルニア椎骨(背骨を構成する一つ一つの骨)と椎骨の間のクッションの役割をする椎間板が、重い物を持ち上げたり、くしゃみなどの衝撃が加わった時に後方に飛び出て、神経を圧迫するものです。

しかしヘルニアがあっても必ず腰痛になったり痺れたりするわけではありません。

腰痛の原因として言われることが多くありますが、実は関係ない事の方が多く痺れなども血流不足で起きる方が圧倒的に多いです。

排尿障害や足腰に全く力が入らない場合に手術する事はありますが、手術しても良くならずで悪化する可能性もあり手術を進められることは現在では余程の事がないかぎりありません。

飛び出したヘルニアも数ヶ月程で自然消失します。

なので何年も影響がある場合はその時の痛みで出来た筋肉の歪みが原因になる事が大半です。

変形性脊椎症

椎間板は、加齢により徐々に水分を失って薄くつぶれていきます。

クッションを失った椎骨同士はぶつかって磨耗し、骨棘というトゲができることがあります。背骨は不安定になるので周りの筋肉や神経に負担が増し、腰痛が起こります。

脊椎分離症

10代に多く、激しいスポーツなどで、椎骨の後方の突起が骨折してしまうことをいいます。

スポーツを中止しコルセットで固定することで、骨が癒合することもありますが、そうでない場合でも、背骨は強い靭帯に守られている為、日常生活には支障がないことも多いです。

ただし背骨は不安定になるので筋疲労で腰痛は起こりやすくなります。

脊椎すべり症

脊椎分離症や、椎間板が薄くなり靭帯が緩むことによって、椎骨が前方にすべることをいいます。

脊柱管狭窄症

変形性脊椎症やすべり症などによって、椎骨の中の脊髄神経の通り道である脊柱管が狭くなり、脊髄を圧迫することで起こります。

腰の反りが無い方に多く見受けられます。

歩いているうちに腰や足が痛んだりしびれたりして歩けなくなり、しゃがんで休むとまた歩けるようになる、間欠跛行がおこります。

内臓の病気によるものは、安静にしていても痛い。動きに関係なく痛む。痛みで目が覚める。ということがあります。

ですがこれもトリガ-ポイントが原因である事があります。

座りっぱなしの仕事や、毎日同じ動作ばかりになって筋肉の柔軟性や強さが損なわれてくるのが根本的な原因と思われます。

 

 

 

 

当院では・・・どの症状でも周囲にある筋肉が関連してきます。

動きの不足や過度の負荷がかかり続けることで血流が悪くなり疲労物質が流れず留まることで強いコリを作りだし「様々な腰関係の不具合を起こしやすくなりますので、施術により筋肉や血流の状態を良くする事で予防にもなります。

腰痛は生活習慣、姿勢や立ち方のクセが長く積み重なっての結果です。

とりあえず楽になればいい・・・ではその後さらに積み重ねていく事になります。

腰は非常に重要な部位ですので(要という字が使われるくらい)元気な状態にしておきましょう。

 

 

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko