手の痺れ・重だるさ

Pic88-V_89E6919C95t82AB_0-I_89E6919Ctorigger2
手や腕にしびれがでると頚椎の椎間板ヘルニア等がシビレの原因と言われることが多いです、しかしそれだけが原因ではなく実は肩や首にできたトリガ-ポイントが原因となっている場合が多いです。
首や肩の筋肉が硬くなり血液の流れが悪くなると細胞が栄養や酸素を欲っし、しびれや痛み、重だるい感じ等が起きます。極端にいうと腕を枕にして寝てしまった時になる感覚、より弱いですが持続的にしびれが起きます。
そして、首の筋肉が硬くなりすぎると近くにある腕の血管を圧迫してしまいます。それによりしびれや違和感がさらに起きやすくなります。

当院では・・・首まわりの筋肉や関節をしっかりと緩め、ストレッチ等を行うことで予防や改善する事ができます。

姿勢もかなり重要になりますのでしっかりとお教えいたします。

しっかり手を使っていろいろ楽しめるようにしましょう。

 

 

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko