膝の痛みでお悩みの方へ

当院には膝の痛みで歩けないのでタクシーでいらっしゃったり、杖をついて来院なさる方、自転車に身体を預けていらっしゃる方がおりました。

膝の軟骨がすり減っている、よく聞きますそして、加齢のせいだからと言われた・・・・ですが本当にそれだけなのでしょうか。プロスポーツのアスリートで痛めている方もいれば、特別何かをしたわけでもない年齢の若い方もいます。

手術をすれば痛みは無くなるのかというと一時的には痛みが無くなった方もいますが、動きの制限ができてしまい結果的にまた痛み出してしまったという方もいらっしゃいました。

改善をあきらめている方や手術はちょっと・・・という方はまずは当院にいらしてください。

自分の経験上のお話になってしまいますが原因の9割のはじまりは硬く疲労してしまった太腿が原因と思われます。

膝周囲の問題の大半はここからスタートするのです。

image81

 

 

 

 

 

20150722191827

白い×の所がトリガーポイントと言われる箇所のおおよその位置で硬くなっていると関節をまたいでいる筋肉が骨同士を圧迫してしまい可動域を狭くしたり動きに無理が出てくるので痛みが出ます。

その状態が長く続くと関節がすり減るという事が起きるようになります。

どの箇所でもそうですが無理な力が加わっているまま使っていると痛むのは当然ですし、そのまま回復させようとするのも無理があります。

ですのでしっかり回復できるように、その部分の柔軟性を取り戻すことを行います。

 

オスグッド・成長痛と言われたことがある方も、骨の成長に硬い筋肉が抵抗してしまって痛みがでます、運動をしていない、または運動を過度に行っていると起きやすいです。

膝周りを元気にしていく施術をし根本から変えていきます、それはサプリメントや巷で流行っている特別な事でもなんでもないものなので膝で本当にお困りでしたら是非一度相談だけでもお願いします。

私自身自転車で膝を痛めた事が何度もありその時はどうしたらわからなかったのですが、現在の自分であればああすれば良かったこうしたのにという事は多々あります。

アスリートの方も痛みと向き合った結果職業病だからとあきらめるまえに是非ご相談ください。

その際歩き方や立ち方、無理な使い方がありましたら出来る範囲で矯正させて頂きたいと思います。

 

このような方がいらっしゃいましたご参考までに

 

・膝が痛くて階段を下りるのが怖い

今は気にせず下っているそうです、体が全体的に硬く股関節や太腿の筋肉も年季の入った硬さでした。

 

・走ろうとすると痛みが出る

走ったり運動はするけども使いっぱなしになっていたそうです、疲労の蓄積が硬さをよび痛みにしてしまっていました。

 

・長距離を自転車(ロード)に乗っていたら痛みが引かなくなった

ペダリング時の膝の向きに無理がありました、捻じれるように硬くなった箇所を柔らかくしシューズのクリートの向きを少し変えて頂きました。

 

・杖がないと歩けない

杖を忘れて帰り、取りに戻ってくるくらいに普通に歩いていれるそうです。

 

・膝の痛みは軟骨がすり減っているせいと言われた

「すり減っている」そうなのかもしれませんが、骨同士を強く擦り合わせている関節をまたぐ筋肉を柔らかくし歩き方を変えた所痛みの出ない時もあるような状態だそうです、筋力をつけれればなお良くなるはずです。

 

・体操競技をやめてしばらくしたら痛みが出始めた

競技に特化した身体作りは動きやすくなる代わりに一般では考えられないほど負担をかけてしまっている事があります。

無理に柔らかくした靭帯や筋肉は急にやらなくなってしまうとものすごい力で固まる事が多々あり、やめるにはやめるための身体作りが実は必要です。

 

・バスケをしていたら痛くなった

前後左右の素早い動きは膝周りの筋肉に大きく負担をかけます、使用に対しケアが足りなくなると負担を吸収できなくなり痛みがでます。

競技者であれば吸収できる程度の膝周りの状態をキープし続けることが大事です。

 

他には動き、痛みもよくなったけれども違和感の取れない方もいましたが、レントゲンで骨の欠片が膝の関節にある事がわかり骨片を除去したら大丈夫になったそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA