なぜ何度もぎっくり腰になるのか

4-6img024torigger4
日本人の8割が一生に一度は経験するといわれる腰痛、 腰痛にも様々な原因や症状があります。
最も多いのが筋肉の緊張や疲労によるもので、これには普段の立ち姿勢や仕事中の姿勢や動きなどの生活習慣が深く関わってきます。
なぜ何度もぎっくり腰になってしまうのか?実は腰の筋肉が硬くなっているだけでは腰痛は感じますがそうそうぎっくり腰にはなりません、しかし腰を挟む背中とお尻の筋肉が硬くなっているとちょっとした動作でなります。
腰に負荷がかかった時には腰だけに負担がかからないよう挟んでいる筋肉に負担を受け流すのですが、受け流すことができなくなり腰の筋肉にまともに負担がかかり痛めてしまうのです。

あまりに腰の負担の逃げ場がなくなっているしまっている時は、例えば寝返り、身体を少し傾ける・・・この程度の動作でもぎっくり腰になります。

負担のかかる姿勢、生活習慣は腰だけでなく周りの筋肉を硬くして背骨を歪ませ、トリガ-ポイントを作りぎっくり腰になりやすい形にします。

ぎっくり腰には

ジンジンと痛みが増していくものと、ギクッと強烈に痛むものがあります、ジンジンと痛みが増していく方が回復するのに時間がかかる事が多いです。

ぎっくり腰

梅雨時期のぎっくり腰

上部腰痛、下部腰痛

どうすればいいのか・・・まず回復させるためには腰にしっかりと血液が流れ込めるように身体を柔らかくしていきます(特に硬くなった背中や臀部)血流が良くなり身体に柔軟性ができると数日で痛みは感じなくなります。

ですが、繰り返しぎっくり腰にならないようにする為には姿勢や動作も改善しなければなりません。

ぎっくり腰は生活習慣、姿勢や立ち方のクセが長く積み重なっての結果です。

とりあえず楽になればいい・・ではその後も繰り返していく事になります。

腰は非常に重要な部位ですので(要という字が使われるくらい)元気な状態にしておきましょう。

 

 

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko

デスクワーク

torigger3thumbReferredPain
(頭痛や吐き気までする)
デスクワ-クでは頭の重心
が前にずれることで首肩の血流が悪くなり疲労物質が流れず留まることで起きやすくなります。

(頭の重さは約5kgもあります!!)

デスクワ-クで問題になるのは首や肩の筋肉がこの5kgの重さを支える事で硬くなり、心臓から送られる血液(酸素や栄養)が頭に行けなくなって酸欠状態や栄養が不足で細胞自体が弱くなってしまう事にあります。

5kgもの重さを長時間毎日支え続ける事は、腕の筋肉ではとても真似できません。

5kgのお米の袋を腕で持ち上げてみると負担がどれだけ大きいかお分かりになると思います。

こうして血流の悪くなった首や肩周りの筋肉の状態が続くと身体をそのままにしておけないと判断した脳が目眩や吐き気、頭痛を発します。

 

 

どうすればいいのか?

血流がよくなるように首や肩の筋肉を柔らかくし柔軟性を高めます。

背中の上部辺りもかなり硬くなっていると思われますので緩めます、それだけでもかなり楽になります。

 

そして生活習慣としては、長時間デスクワ-クをし続けない、30分置きに立って体操をする・・・。

確かにその通りなのですが集中したり忙しい時にはなかなかできる事ではありません、ですのでまずは肩や首だけで5kgの重さを支えないようにしましょう。

座り姿勢を変えます、ちょっとした骨盤の使い方でそれは可能ですし当院では小道具を使ってより楽に座れるようにします。

あとは運動や施術で疲労を溜めこまないようにしてあげる事です。

それで以前よりずっと仕事がはかどるようになるでしょう、ご自身の自由に使える時間も取れるようになるのではないでしょうか。

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko

介護や子育ての疲れ

torigger3thumbReferredPaintorigger2torigger44-6img024
介護や子育てはすごく大変な事です、大変なのですが周りにはそういう風には言えない事が多くありませんでしょうか。自分の時間はなかなか取れず、身体の疲れや心のストレスが体に蓄積され、心や体に影響をだしてきます。神経が張りつめ緊張していきます、さらに長く続く疲労感、体のだるさ・重み、頭痛や目のかすみなどといった症状もでやすくなります。日々のちょっとした休憩や睡眠で回復できればよいのですが、身体の深部まで疲労が蓄積され慢性疲労となってくると、身体も精神も休養だけでは回復できなくなってきてしまいます大変な事は長く続けるにはどうしてもストレスや疲労を溜めざるをえません。

周りの方の協力も必要ですが、あなたは人に頼る事ができていますでしょうか。

身体の芯から疲れが溜まってしまっていますので、トリガ-ポイントセラピ-で深部の筋肉をゆるめます。

そうする事によって血流が改善され回復能力が高まるようにします。

身体と心は密接な関係にありますので、疲れをとり血流を改善することで感情や神経に良い影響を与えてくれます。

あなたが自分の身体を大切にしていけるように、サポ-ト致します。

 

 

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko

産後の骨盤の歪み

torigger4image81
骨盤のゆがみは、腰の反ったような立ち方で起きやすくなります。
そうです、実は出産よりも妊娠中にお腹が大きくなっていく時に歪みは強くなっていきます。
出産時に緩んだ分の靭帯や骨盤は自然と元に戻っていきますが、妊娠中の時間をかけて歪んでいった分はなかなか戻りません。
骨盤がゆがむと、臀部や周囲の筋肉が硬くなり動きが悪くなって坐骨神経(人の指くらいの太さ)への血流を阻害し、痛みやしびれを起こしたり、動きが悪くなり身体を安定できず股関節にも負担がかかり痛みが起きるようになります。

 

 

歪みが強いと見た目も出産前と大分変わって見えます。

下半身が痩せにくくなる、姿勢が安定しなくなった、足の冷えやむくみが強くなった等です。

当院では・・・臀部や腰回りが動きやすくなるように施術を致します。

施術後もしばらく骨盤は歪みやすい状態ですので、立ち方や歩き方で歪みを強くしない為のアドバイスを致します。

自信を持てる身体作りをしたいですね。

 

 

 

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko

歩き方はとても重要

image81
なぜ重要か、それは歩き方ひとつで膝や股関節が変形したり痛くなったりするからです。大半は長年かけて症状が表面に表れてきますが、症状が出てから何とかするのはかなり大変です。40年かけて出てきた症状であれば40年染みついた身体のクセを変えなければいけません。

膝の痛みは軟骨の摩耗や半月板の損傷、靭帯の損傷や膝関節の変形などが原因と言われることが多いですが、生まれつきや事故にあったという事がなければその状態に急になったわけではなく、時間をかけてそうなっていったという事です。

しっかり歩けるように・・・・

まずは膝のお皿をスム-ズに動かす為に大腿四頭筋や周囲の筋肉(トリガ-ポイント)を柔らかくし、無理のない範囲で動かして膝周りに柔軟性をつけるような施術を行います。

それにより膝の関節が変形している方でも痛まなくなった方もいます、さらに歩き方をしっかりとお教えいたします。

「歩く」という事は非常に大事な事ですね。

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko

頭痛・片頭痛・目の疲れ


頭痛持ちの日本人は4人に1人とも言われています。慢性頭痛は一般的に大きく2つに分けられます。一つは姿勢の負担や精神的ストレスなどによって筋肉が緊張して痛みを発する「緊張型頭痛」。

二つ目は血管が拡張して周りの神経を引っ張ることによってズキンズキンという痛みが発生する「片頭痛」。

血管が拡張する原因は十分に分かってないと言われていますが、気圧が低くなる事による血管の膨張や血液の流れが一定方向に流れづらくなり渋滞してしまっての血管の拡張による事が多いと思います。

女性に多いのが特徴です。

この二つの頭痛は発生メカニズムが違いますが血液の流れが大いに関係しています。

筋肉からの頭痛(緊張性頭痛)とは

頭痛の70%以上を占めるといわれるこの手の頭痛は、肩や首、頭の筋肉が硬くなり血行が悪くなることによって起こります。

一般的に「頭が締め付けられるような・・・」痛さを伴うのことが多く、身体的なストレスだけではなく、精神的にストレスが溜まっても起こります。

姿勢の悪さやストレスによる交感神経の高まりなどから首肩が固くなり、頭へ行く血管を圧迫する事で

酸欠状態に陥入り「目が疲れ」頭から危険信号が発せられるのが「緊張性頭痛」なのです。

頭の血管が拡張することによって炎症を起こし痛みを発するのが血管性の頭痛です。

他には「片頭痛」と「群発性頭痛」があります。

「片頭痛」は女性に多いと言われ、「群発性頭痛」は男性に多いのが特徴です。

「片頭痛」は起こる前に決まった前兆があるため、自分の痛みのパターンを知る事によって頭痛になる前に対処事ができる頭痛ですが根本的には関係ないと思われるかもしれませんが全体的な筋肉や関節の柔軟性、生活習慣の改善によって起こさないようにする事が理想だと思います。

 

メニエール、目眩

当院では・・・どちらの頭痛でも血液の流れが良い状態であれば起こりにくくなります。

首や肩はもちろんのこと、肩甲骨や背中の上部の筋肉を緩めて動きを良くする事で目や頭にスム-ズに栄養が運ばれるようになります。

日常できる体操もお教えしますので、日ごろから悩まされないようにしていきましょう。

慢性疲労

image41thumbReferredPain4-6img024
長く続く疲労感体のだるさ・重み、頭痛や目のかすみなどといった症状、溜まった疲れに悩まされていませんか?毎日、仕事や家事・育児等で、同じ姿勢や、同じ動作を続けていると、筋肉の同じ箇所に負担がかかり、疲労して硬くなってきます。睡眠不足や夏バテ、運動不足、強い冷暖房、人間関係の問題、といった身体の疲れや心のストレスも同じく体に蓄積され、心や体に影響をだしてきます。日々のちょっとした休憩や睡眠で回復できればよいのですが、身体の深部の筋肉まで疲労が蓄積され慢性疲労となってくると、休養だけでは回復できなくなってきてしまいますこういった原因不明の疲労が長期間感じられると、慢性疲労症候群として医師に診断されることもあります。仕事や生活を長く続けるにはどうしても疲労を溜めざるをえません。対処方法としては疲労を溜めすぎずに、こまめに体操や休憩をとり、身体と精神をリラックスさせることです。

 

 

当院では・・・筋肉や関節が硬く血行不良になり、老廃物を流したり栄養や酸素を運んで細胞を修復する能力が弱まっていますので、トリガ-ポイントセラピ-で深部の筋肉をゆるめ、筋肉や関節を動かしやすくする事によって血流が改善され回復能力が高まるようにします。良い循環が続くと慢性疲労を回復させる事が出来ます。

それは質の高い睡眠にも関わってきます、起きて一日がんばれる身体に変えましょう。

安静にいていても良くならない症状には

 

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko

首肩のコリ・痛み

torigger3image41thumbReferredPain
噛みしめストレ-トネック頭の重心が前にずれることで首肩の血流が悪くなり疲労物質が流れず留まることで起きやすくなります。(頭の重さは約5kg!!)首の筋肉がこの重さを支え、その首を支えているのが、肩甲骨から上の肩の筋肉なのです。
5kgもの重さを長時間毎日支え続ける首や肩の筋肉、腕の筋肉ではとても真似できません。
5kgのお米の袋を腕で持ち上げてみると負担がどれだけ大きいかお分かりになると思います。
こうして首や肩周りの筋肉が長期間にわたり硬くなっていると血流の悪くなり、疲労物質がたまり栄養や酸素が運ばれにくくなったり、回復する力が衰えます
(肩回りは通常の生活では動かすことは少なく、多少弱ってきても気づきません。)

その状態が続くとどんどん肩回りの動きが悪くなり、筋肉も弱っていきますので身体をそのままにしておけないと判断した脳が痛みを発します。

さらに姿勢で、頭が背骨の中心よりも前に出てしまう「前かがみ姿勢」が慢性化すると、首や肩周囲の筋肉にさらに負担がかかってきます。

肩甲骨を動かす筋肉の動きが悪くなると、肩関節の可動範囲が小さくなり、慢性的な肩こりへとつながります。コリがさらに強くなると、トリガ-ポイントができ目の奥の痛み疲労感顎関節頭頂部側頭部などに、痛みを飛ばしてしまいます。

 

当院にいらしゃった方の症状、関係するもの

・肩こりで吐き気がする

・目眩が治まらない

・五十肩と言われた、肩が上がらない

・歯ぎしりで朝顎も痛くなる

・腕が痺れたり、感覚が少しおかしい

・何十年も肩こり

・目が異常に疲れる

 

寒さや冷えでも凝ります

当院では・・・弱り動かなくなってしまった部分はストレッチや体操をしても中々動きません。

頑張って支えている首肩回り、そして首の付け根の筋肉や関節が固まり動かなくなってますので施術で緩めて動きやすくします。しっかりと緩み動きに柔軟性が出来ると血液の流れが良くなり回復できるようになるので慢性的な辛さは解消できます。

生活での動き方等、リズムは人それぞれ違いますので、どのような動作、姿勢で重心が崩れるか見極め改善できるようアドバイスも致します。

重心が整う事で疲れにくくもなります。

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko

背中の痛み・猫背・呼吸しづらい

thumbReferredPain
立っている時、座っている時など上体を起こしている時には常に背中の筋肉が使われます。
さらに日常生活で上半身の重心が前側に崩れていると、背中の筋肉がどんどん硬くなり、支える事ができなくなってくるので固まる事で支えようとし、さらに背骨も動きづらくなってきます。
そうなってしまうと血液の流れが悪くなり、老廃物等が溜まってきてしまいますので、何とか血液を流そうと痛みを出して身体に知らせます。
長期に渡ると背中が固まる事で肋骨(肋骨は背骨にも関節しています)の動きも悪くなり呼吸がしづらくなりますし、猫背にもなります。
上半身の重心が前側に崩れていても背中の筋肉に力が残っていれば、猫背にはみえませんが負担は常にかかり続けていますし、固まって支えていた背中の筋肉が弱くなってくると猫背になってきます。
背中の筋肉・そして肩甲骨周りや腰に余裕がなくなると、ふとした事で急激に痛めてしまうこともあります。仕事中などでも体操やストレッチでこまめに疲労を抜く必要があります。

 

背伸びをすると背中が攣る

猫背を正す

当院では・・・背中周りの凝り固まった筋肉のトリガ-ポイントをゆるめる事で背骨や肋骨の動きを良くし背中の筋肉が回復できるようにします。

さらに、固まりづらくする為の姿勢や体操をアドバイス致します。背中は強い箇所なので疲労を感じづらい方もいらっしゃいますが、硬くなりきる前の予防としてもお勧めいたします。

すっとした見た目の背中でいましょう。

 

 

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko

腰痛・ヘルニア・腰が重い

4-6img024torigger4
日本人の8割が一生に一度は経験するといわれる腰痛、 腰痛にも様々な原因や症状があります。
最も多いのが筋肉の緊張や疲労によるもので、これには普段の立ち姿勢や仕事中の姿勢や動きなどの生活習慣が深く関わってきます。
腰の反りが強すぎる姿勢、デスクワークや車の運転などで長時間座りっぱなしになる仕事、前かがみでいる時間が長い仕事等。
こうした姿勢や生活習慣は腰の筋肉を硬くして背骨を歪ませ、トリガ-ポイントを作り慢性的に痛みやこり、重さを感じるようになります。

椎間板ヘルニア椎骨(背骨を構成する一つ一つの骨)と椎骨の間のクッションの役割をする椎間板が、重い物を持ち上げたり、くしゃみなどの衝撃が加わった時に後方に飛び出て、神経を圧迫するものです。

しかしヘルニアがあっても必ず腰痛になったり痺れたりするわけではありません。

腰痛の原因として言われることが多くありますが、実は関係ない事の方が多く痺れなども血流不足で起きる方が圧倒的に多いです。

排尿障害や足腰に全く力が入らない場合に手術する事はありますが、手術しても良くならずで悪化する可能性もあり手術を進められることは現在では余程の事がないかぎりありません。

飛び出したヘルニアも数ヶ月程で自然消失します。

なので何年も影響がある場合はその時の痛みで出来た筋肉の歪みが原因になる事が大半です。

変形性脊椎症

椎間板は、加齢により徐々に水分を失って薄くつぶれていきます。

クッションを失った椎骨同士はぶつかって磨耗し、骨棘というトゲができることがあります。背骨は不安定になるので周りの筋肉や神経に負担が増し、腰痛が起こります。

脊椎分離症

10代に多く、激しいスポーツなどで、椎骨の後方の突起が骨折してしまうことをいいます。

スポーツを中止しコルセットで固定することで、骨が癒合することもありますが、そうでない場合でも、背骨は強い靭帯に守られている為、日常生活には支障がないことも多いです。

ただし背骨は不安定になるので筋疲労で腰痛は起こりやすくなります。

脊椎すべり症

脊椎分離症や、椎間板が薄くなり靭帯が緩むことによって、椎骨が前方にすべることをいいます。

脊柱管狭窄症

変形性脊椎症やすべり症などによって、椎骨の中の脊髄神経の通り道である脊柱管が狭くなり、脊髄を圧迫することで起こります。

腰の反りが無い方に多く見受けられます。

歩いているうちに腰や足が痛んだりしびれたりして歩けなくなり、しゃがんで休むとまた歩けるようになる、間欠跛行がおこります。

内臓の病気によるものは、安静にしていても痛い。動きに関係なく痛む。痛みで目が覚める。ということがあります。

ですがこれもトリガ-ポイントが原因である事があります。

座りっぱなしの仕事や、毎日同じ動作ばかりになって筋肉の柔軟性や強さが損なわれてくるのが根本的な原因と思われます。

 

上部の腰痛、下部の腰痛

梅雨のぎっくり

ぎっくりの種類

当院では・・・どの症状でも周囲にある筋肉が関連してきます。

動きの不足や過度の負荷がかかり続けることで血流が悪くなり疲労物質が流れず留まることで強いコリを作りだし「様々な腰関係の不具合を起こしやすくなりますので、施術により筋肉や血流の状態を良くする事で予防にもなります。

腰痛は生活習慣、姿勢や立ち方のクセが長く積み重なっての結果です。

とりあえず楽になればいい・・・ではその後さらに積み重ねていく事になります。

腰は非常に重要な部位ですので(要という字が使われるくらい)元気な状態にしておきましょう。

ぎっくり腰

上部腰痛、下部腰痛

梅雨時期のぎっくり腰

 

2014年3月3日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko