TFCC損傷・手首の痛み・腱鞘炎

Pic88-V_89E6919C95t82AB_0-I_89E6919Ctorigger2
手首の痛みは、その痛む場所によって原因が異なりますが、基本的に同じ動作を繰り返すことにより、神経、関節、軟骨、靭帯の同じ部分に負担がかかり硬くなり血流が悪くなって痛みが生じるのが始まりとなります。
軽い物を持つだけで手首が痛んだり、マウスを掴んだり、ドアノブを回すだけで痛みが生じる事もあります。「使い過ぎによる腱と腱鞘の間の機械的な摩擦による炎症」、すなわち腱鞘炎は、家事をする主婦やPCなどの手作業が多い人に起こったり、出産後や更年期などのホルモンのバランスが崩れた時に起こることが多いと言われています。
炎症を起こしている腱自体は安静にするのが一番です。
また、腱鞘ではなくトリガーポイント関連痛が原因になっていることがあります。その場合、休ませてるだけでは良くなりませんすぐに同じ痛みが戻ってきてしまいます。

 

手首の痛み(TFCC損傷)

ここ数年で受診率が 増え、手首痛の大きな原因として知られてきています、TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)について解説いたします。

腕(前腕)には橈骨と尺骨と言う細長い骨があります。この尺骨の手関節部分の突起の周囲には手首の衝撃を和らげる役目をするTFCC(三角繊維軟骨複合体)と呼ばれるハンモック状の組織があります。このTFCCが損傷を受け、手首に痛みが出る疾患です。

特に手関節を内側や外側へ捻ると痛みが出ます。

固定する治療法もありますがそれでも良くならない方も多々おり、手術をされる方もいますがそれでも痛みが変わらない場合もあります。

ですが実は腕のある筋肉が硬くなることにより、痛みを出したり回復を遅らせたりする原因になっている事が非常に多いです。

痛みが引いたのに使ったらまたすぐに痛めたりしてしまうのはそれが原因だからです。

TFCC損傷によって固定をし→筋力と柔軟性、血流が悪くなる事で回復ができなくなり→動かすとすぐに痛みがぶり返す。

良くならないのであれば手術をするよりまず当院の施術を受けて頂ければと思います、5.6年良くならなかったのに良くなってしまった・・・という方は沢山いらします。

 

当院では・・・手首の痛みに関する動きの悪い筋肉を見つけ痛みの出る動き、出ない動きをみながら筋肉を緩め柔軟性を取り戻していきます。
自宅でのケア方法もお教えいたしますので是非行ってください!

 

 

2014年12月13日 | カテゴリー : 症状別解説 | 投稿者 : shirakura norihiko

自律神経失調と姿勢

自律神経は無意識でも律動できる神経で内臓や睡眠時の呼吸、目の焦点を合わせたり平衡感覚等、たくさんの事を行ってくれるものです。

たくさんの事を担ってくれているのですが自律神経失調状態、つまり上手く自律神経が働いてくれなくなると様々な不調が出てきてしまいます。

不眠、目眩、音が聴きづらくなったり、イライラ、神経過敏、不定愁訴様々あります。

パソコンやスマートフォンが普及した現代、自律神経が上手く動かなくなる動作や作業が多くなってきました。

脳からスタートする神経は脊柱を通り電気信号のような形で全身に指令を行き渡らせます。

脊柱が無理な形をさせられていたり、血行不良になっていると神経はうまく流れなくなります。

特に身体に対し頭が前にでてしまっているとそれは起こりやすいです、脳からでた電気信号が首で弱くなってしまいます。

パソコン作業や前屈み、スマートフォンでその状態になりやすくなります。

その状態を根本的に解決する為には身体の上に頭がくるようにしなければいけません。

ですが、固まりすぎた首の筋肉がそれを阻止しますし姿勢の癖は意識しないと直りません。

首の筋肉を柔らかくし姿勢をコツを使って意識して、自律神経が通常状態で動けるようにしましょう。

家族や会社の為に身体を壊すまで働き仕事ができなくなる、限界まで家事子育てを頑張り動けなくなる。

そういった頑張った結果悲しい事にならぬようこれからの時代、身体作りに真摯に取り組み過ごしていきたいものです。

膝の痛みでお悩みの方へ

当院には膝の痛みで歩けないのでタクシーでいらっしゃったり、杖をついて来院なさる方、自転車に身体を預けていらっしゃる方がおりました。

膝の軟骨がすり減っている、よく聞きますそして、加齢のせいだからと言われた・・・・ですが本当にそれだけなのでしょうか。プロスポーツのアスリートで痛めている方もいれば、特別何かをしたわけでもない年齢の若い方もいます。

手術をすれば痛みは無くなるのかというと一時的には痛みが無くなった方もいますが、動きの制限ができてしまい結果的にまた痛み出してしまったという方もいらっしゃいました。

改善をあきらめている方や手術はちょっと・・・という方はまずは当院にいらしてください。

自分の経験上のお話になってしまいますが原因の9割のはじまりは硬く疲労してしまった太腿が原因と思われます。

膝周囲の問題の大半はここからスタートするのです。

image81

 

 

 

 

 

20150722191827

白い×の所がトリガーポイントと言われる箇所のおおよその位置で硬くなっていると関節をまたいでいる筋肉が骨同士を圧迫してしまい可動域を狭くしたり動きに無理が出てくるので痛みが出ます。

その状態が長く続くと関節がすり減るという事が起きるようになります。

どの箇所でもそうですが無理な力が加わっているまま使っていると痛むのは当然ですし、そのまま回復させようとするのも無理があります。

ですのでしっかり回復できるように、その部分の柔軟性を取り戻すことを行います。

 

オスグッド・成長痛と言われたことがある方も、骨の成長に硬い筋肉が抵抗してしまって痛みがでます、運動をしていない、または運動を過度に行っていると起きやすいです。

膝周りを元気にしていく施術をし根本から変えていきます、それはサプリメントや巷で流行っている特別な事でもなんでもないものなので膝で本当にお困りでしたら是非一度相談だけでもお願いします。

私自身自転車で膝を痛めた事が何度もありその時はどうしたらわからなかったのですが、現在の自分であればああすれば良かったこうしたのにという事は多々あります。

アスリートの方も痛みと向き合った結果職業病だからとあきらめるまえに是非ご相談ください。

その際歩き方や立ち方、無理な使い方がありましたら出来る範囲で矯正させて頂きたいと思います。

 

このような方がいらっしゃいましたご参考までに

 

・膝が痛くて階段を下りるのが怖い

今は気にせず下っているそうです、体が全体的に硬く股関節や太腿の筋肉も年季の入った硬さでした。

 

・走ろうとすると痛みが出る

走ったり運動はするけども使いっぱなしになっていたそうです、疲労の蓄積が硬さをよび痛みにしてしまっていました。

 

・長距離を自転車(ロード)に乗っていたら痛みが引かなくなった

ペダリング時の膝の向きに無理がありました、捻じれるように硬くなった箇所を柔らかくしシューズのクリートの向きを少し変えて頂きました。

 

・杖がないと歩けない

杖を忘れて帰り、取りに戻ってくるくらいに普通に歩いていれるそうです。

 

・膝の痛みは軟骨がすり減っているせいと言われた

「すり減っている」そうなのかもしれませんが、骨同士を強く擦り合わせている関節をまたぐ筋肉を柔らかくし歩き方を変えた所痛みの出ない時もあるような状態だそうです、筋力をつけれればなお良くなるはずです。

 

・体操競技をやめてしばらくしたら痛みが出始めた

競技に特化した身体作りは動きやすくなる代わりに一般では考えられないほど負担をかけてしまっている事があります。

無理に柔らかくした靭帯や筋肉は急にやらなくなってしまうとものすごい力で固まる事が多々あり、やめるにはやめるための身体作りが実は必要です。

 

・バスケをしていたら痛くなった

前後左右の素早い動きは膝周りの筋肉に大きく負担をかけます、使用に対しケアが足りなくなると負担を吸収できなくなり痛みがでます。

競技者であれば吸収できる程度の膝周りの状態をキープし続けることが大事です。

 

他には動き、痛みもよくなったけれども違和感の取れない方もいましたが、レントゲンで骨の欠片が膝の関節にある事がわかり骨片を除去したら大丈夫になったそうです。

変形性膝関節症の予防と診断されてからの早めのケア

 

TFCC損傷・お困りの方へ

先日、当院にて松山にある「しまもと整体院」の島本先生がTFCC損傷、手首の小指側の痛みを主題とした施術を行いました。

島本先生本人も学生時代にソフトテニスを行っていた時に手首の痛みに長く悩まされ続け、克服する為に様々な事を行ってきた方です。

一般的にはTFCC損傷と診断されると病院では安静や固定を行い様子を見る、それでも良くならなければ手術という流れになるようです。

しかし手術をしてよくなる場合もあれば変わらない場合もあります、それは痛みの原因がTFCCの損傷だけではないからです。

腕には橈骨、尺骨という骨がありますが手首外側(小指側)に痛みが出ている場合は尺側手根伸筋(尺骨側の手首を伸展させる筋肉)に痛みの原因となるトリガーポイントが出来ている可能性が大いにあります。

20150617142652

 

 

 

 

 

 

 

 

当院にもTFCC損傷で来院された方がおりますが皆さんこの部分がとても硬くなっており触っても弾力がなくなっております。

しっかりと弾力を取り戻すことによって実業団レベルでテニスを続けるようになった方もおりますので、痛みが良くならない、手術をしようと考えているのであればその前にこの部分を柔軟にする事を行ってみてはいかがでしょうか、もちろん当院でも手助けさせて頂ければと思います。

尺骨のすぐ横にある筋肉で押しづらく伸ばしにくい筋肉ですが、こちら「しまもと整体院のブログ」にも書かれていますのでご参考にしてください。

症状別一覧

頭痛、目の疲れ

首、肩のこり

慢性疲労

寝違え

TFCC損傷

腱鞘炎

手の痺れ

顎関節の痛み

猫背、背中の痛み、呼吸がしづらい

腰痛(慢性、ヘルニア、狭窄、すべり症)

ぎっくり腰

自律神経失調症

膝の痛み

O脚、外反母趾

臀部、骨盤の歪み、股関節の痛み

坐骨神経痛

ふくらはぎがつりやすい、足先の冷え、しびれ

 

顎関節の痛み

顎関節症と言われたり顎関節の痛みの大半は顎に関連する筋肉の痛みです。

20160311154151

顎の周囲には沢山の筋肉がありますが片方にばかり負荷が掛かっていると左右で動きの差が出来てきます、それが続くと顎の開き方が均等でなくなりコキコキ音がするようになります。

またある程度硬くなった状態で口をいつもより大きく開けたりアクビをしてしまった時に痛める事もあります。

原因としては姿勢が悪い事で頭を支える為に噛みしめ癖が出来てしまっていたり、必要のない所でも顎に力が入ってしまうようになっている事が多いです。

私は氷点下の中、競技自転車で1時間くらい走りに行って帰ってきたらもう顎が開かなくなっていたことがあります、冷えた上にガチガチ噛みしめていたことが原因です。

温めてから顎の筋肉を柔らかくしたら戻りましたが、たった1時間でもこうなることがあるんです。

注意する事としては

・顎が冷えている時に無理をしない。

・顎の筋肉を普段から良く使ってあげる

・首が前にいくような姿勢に注意

お悩みでしたら当院もお力になれると思います、ご相談ください。

寝違え

寝違えはぎっくり腰と起きた場所は違えど似たようなものと言ってよいかと思います。

寝ている時(無意識下)、人は起きている時(意識下)よりも強い力を発揮してしまうことがあります。

首に強い力が加わった時に首の柔軟性や強度が負けてしまうと首はぎっくりとしてしまいます、それが寝違えです。

これも二通りあり一つ目は急激に力が加わってなるもの、二つ目は何か変な感じだな~という状態から徐々に痛くなってくるものとあります。

二種類ありますがどちらも首や肩の疲労が関係してきます、その疲労には生活習慣(仕事、姿勢、人間関係、動きの不足)と様々な原因はあると思いますが変えやすい(姿勢、動きの不足)から変え柔軟性と強度をつけれるように(無理はせず)行えると良いと思います。

なった時気を付けた方が良い事

・首に負荷をかけない

・無理に伸ばさない(軽い体操等は良いと思いますが目眩等には注意です)

・1.2日経ったら安静にしない(回復が遅れると共に痛めやすい状態のままになってしまいます)

当院もお力になれるはずです、お悩みでしたら一度ご相談ください。

坐骨神経痛

お尻には坐骨という骨があり(座った時に地面に接する骨)そのすぐ脇を坐骨神経が通っています。

腰の骨が歪んで歪んだ骨が坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛が起きる・・・・・と言われたり言われる方がおりますが、大半の坐骨神経痛に骨の圧迫は関係ありません。

坐骨神経痛が起きている方のほとんどが神経痛が起きる前に腰痛やお尻が硬くなっている経験があるのではないかと思います、腰やお尻の筋肉が硬くなるとそこで血流が悪くなり満足に栄養や酸素が得られなくなった神経は痛みや痺れを出すようになります、脚に力が入らなくなる事も多々あります。

神経は傷ついてしまうと修復に時間がかかります、それを避けたいからSOSとして脳に教えてくれているのです。

なので神経への血行がある程度良くなると痛みは引いていきます。

根本的には腰やお尻に柔軟性やある程度の強度があれば普通に生活している分には坐骨神経痛は起きにくくなります、坐骨神経痛が長く続くとその分だけ神経は少しずつ傷んでしまうので早めに対処してください。

当院でも手助けできればと思います。

ぎっくり腰

ぎっくり腰には2種類あります。

1つ目は腰に急な負荷がかかりグキィっと痛めてしまうもの。

2つ目は何もしてないのにジンジン痛みが増してくるもの。

1つ目のぎっくり腰は腰の筋肉が負荷に耐えきれなくなった時に起こる物、なので腰の筋肉が疲労し柔軟性や強度が足りなくなった時に起こりやすいものです。

2つ目のぎっくり腰は本来腰が硬くなっていても背中やお尻の筋肉がある程度の動きを助けてくれますが、それも出来なくなってしまった状態で少しだけ腰を動かした時になってしまうもの、寝返りでもなってしまうほどに腰、背中、お尻の柔軟性がなくなったときに起こります。

1つ目の方は背中やお尻にはまだ余裕がある場合もあり回復は早めですが「魔女の1撃」と言われるほど急激な痛みが起こります、2つ目は回復は遅めで何か腰がおかしいなと感じた時から徐々に痛みが増していきます。

痛み方は違いますが根本的な原因として背中、腰、お尻の筋肉が硬く弱ってしまっています。

しっかりと柔らかくすれば血流が良くなり修復され、痛みも引いていきます。

良くはなりますが、そうならないように身体をメンテナンスしておくのも大事な事だと思います。

なった時に注意する事

・前かがみになるなど腰に負荷がかかる動作を避ける

・弱ったままの筋肉で無理なストレッチをしない(余計痛める場合があります)負荷の少ない体操なら良い効果を得られます。

・何日も安静にしない(血流が悪いと回復にすごく時間がかかる場合があります)

身体(月)の要 弱らせず、毎日元気に動けますように。

上部腰痛、下部腰痛

梅雨時期のぎっくり腰

メニエール・めまい

メニエール病について

メニエール病は内リンパ水腫「内耳のリンパ液の流れが悪くなって貯まりすぎ、膨らんでしまった状態」です。原因は様々あると思われますがストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・几帳面な性格な方がなりやすいと考えられています。

内耳は2つの大切な器官があり音を聞く為に必要なリンパ液の詰まっている蝸牛と、平衡機能を司る三半規管です。

この2つのどちらかまたは両方ともにリンパ液の流れが悪くなって貯まりすぎる事によって異なった症状がでます。

蝸牛の流れが悪くなると、目眩はあまり感じなく耳の聞こえが悪くなります。

三半規管の方ですと目眩を感じます。

目眩も回転するほど感じる激しいものから、フワフワした感じ」のものまで様々です。

目眩の持続時間は10分程度~数時間程度であることが多く、短時間の場合は別のものである可能性が高い事が多いです。

3種のめまいについて

1.回転性めまい

回転性めまいはその名のとおり自分または周囲がぐるぐる回って見えます、吐き気やおう吐する事もあります。

2.浮動性めまい

ふわふわした感じから姿勢を保つことが難しくなり顔や手が痺れる事があります。

3.立ちくらみのようなめまい

立ち上がった時に目の前が暗くなったりひどくなると気を失ったりします。立ち上がった時に血液が上昇についていけず脳貧血状態になって起きる事が考えられます。

 

めまいと言っても様々あり時には脳の病気なども隠れている場合がありますまずは病院で受診してみてください、原因がよくわからなかったりいつまでも良くならない場合は血流の悪さが原因のひとつとして考えられます。

血液をサラサラにする薬を飲んでいるだけでは良くならないことが多いです、筋肉や関節を柔らかく柔軟にする事がとても大事です、めまいによって体操などが難しい場合もあります、その時は当院を頼って頂ければと思います。

血流を良くする事によって解決する事が多々あります、出来る範囲でしかしとても辛い場合は忙しい事を言い訳にせずに「一生懸命ではなく」身体にとってほどほどに良い事を実践して頂ければと思います。